スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIMない人の立ち回り


僕自身、3x3x3の時代から、AIMに対して自信がないんですよね。未だに。
それでも、stressfree・ACC87と経験し、上位ランカーの方々と撃ちあうことが多かったので、どうにかしてクランとして勝ちたいと思いやってました。

そこで、いつも考えるのは、例えば撃ち負けたとしたら、AIMのせいではなく、撃ちあいの仕方、味方との連携の仕方を反省します。AIMは自分自身のそのときの調子、また野良爆破・殲滅・AIなどの色々なことで上げていけるので無視します。

クランで1対1を考えるのは、SRのときのみです。(SRもまぁ、勝負の仕方を色々反省しますが。)


<では、どうランカーとの撃ちあいに勝ち、またクラン戦を勝っていけるのか。>

・まず、クラン戦で、1対1の撃ちあいでの勝ちなど度外視しましょう。
確実にこちらが、強ポジで打てるように意識します。強ポジについては、強い相手のいる場所、また野良で色々なポジションについてみて、「ここ強いなー。」と思ったら使っていきましょう。これについては、誰かに聞いたりするより、自分で考えていったほうがいいと思います。
その理由として、撃ちあいの場所はその場面場面で、変わっていきます。その撃ちあいが始まる時点での、少しでも強ポジとなりうる場所につけるかどうか。それは自分で今までに考えていれば、すぐに動けると思います。
また、強ポジにつくのは、クラン戦についてはマンセルを組む二人の位置ということになります。一人でいたとして、相手が二人なら強ポジにいたとしても負けるでしょう。 クラン戦をしていく過程で、反省をできる環境にいたとしたら、一緒に動いていた人との連携を中心に反省しましょう。

・後ろから撃てることを意識する。
AIMがないとわかっていれば、正面から相手と撃ちあうことを避けるようになります。また、AIMについては自信をなくしたほうが立ち回りが伸びていくと思いますが。
どこにモーションがあれば、相手がどこを向いて、自分がサイレントで向かえば後ろから撃てるか。これをつねに考えてプレイするといいと思います。
モーションと一つに言っても、味方に前に出てもらって死に役になってもらうというわけではありません。(その場合もありますが。) グレで位置を相手に晒す。足音を立てて注意を引く。味方に決め打ちをしてもらって、撃ちあっているふりをしてもらう。などなど、色々な方法があると思います。これについても、場面場面で自分で考えてみましょう。

・正面で撃ちあわなければならないときは、絶対にマンセルを組む。
相手の位置が大体把握できているときに、味方に余裕があれば、必ず一人では食いにいかない。
相手は初段ヘッショ当たり前でくる! そう思って動きましょう。相手はプロゲーマー。相手は人外。相手はWH使ってる。 そんな感じで考えましょう。怖がることは悪いことではなく、立ち回ることを教えてくれると思います。

ただ、ラッシュなど、行くぞ!ってときには怖がらずにガンガン行きましょう。ケースバイケースですね。怖がった時点で味方を見殺しにする確率がぐんと上がるので、がんばりましょう。


まずは、この三つを意識してやってみてもらえれば、ある程度打ち勝てる確率は上がってくるのではないかなー、なんて思います。

※ただ、AIMがないといっても、最低ラインのAIM力はつけましょう。後ろから撃って、相手に振り向かれて殺される。なんてことがあったら、味方が「ふぅ・・・」ってなりますよね。

今回のこの記事については、SRをやるときに気にしていることではなく、ARのときに気を付けていることなので、SRについてはまた別です。 SRは正面同士での撃ちあいが多いので、また動きが変わってくると思います。


そんな感じでがんばって向上していきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うっ・・・っふぅ....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。